アーケードゲームWCCFに関する情報ブログ

WCCF NOTE

Home > プレー日記 > [WCCF11-12] 5回目蹴ってきました

[WCCF11-12] 5回目蹴ってきました

Sun risingSun rising / v a i r o j

あけましておめでとうございます。
11-12シーズンがスタートして5回ほどプレイしてますが、キラがまだ2枚のみ!
ということで、今年はもっと引けるように頑張ります。頑張りようがありませんが、、、

そして未だに引いたことのないKOLEをぜひ引かせていただきたいと思っておる次第でございます。

年末年始バタバタしてて更新がストップしてしまいまして、今日は12月22日に蹴り納めとなった時のプレイ日記です。

今回もアルゼンチンチームバレンシアチームを中心にプレイしてきました。

アルゼンチンチーム

まだ両チームともチームスタイルの設定は模索中ですが、
アルゼンチンチームはフィニッシュワークとリトリートにしてます。

今回気になったのはカードの配置位置です。
DFの位置をDFエリアの前寄りに前バージョンと変わらず配置していたんですが、SBもCBもとにかく攻め上がります。
おかげでカウンターを食らって簡単に失点してました。

最初は何かシステムが変わって上がりやすくなってるのかなぁと思っていたんですが、少しディフェンスラインを下げたら上がらなくなりました、、、
攻めすぎでしょ〜!ってずっと思ってはいたんですが、まさかカードの配置位置だったとは、、、気づくのに時間がかかり過ぎました。バカすぎです。はい。。。
ディフェンスの問題はこれで解決できそうですが問題は得点パターンがいまだ見つからないこと。
自分はメッシをチームにいれるとうまく行った試しがまだない。自分が思い描くメッシの動きとは違うんだよなぁ。。。
アルゼンチン代表では活躍できないけどバルセロナでは活躍できるような違いでしょうかね、、、

しかし改善しないとお話にならないのでいろいろ試してみました。
メッシ中心のチームはやめて、とりあえずトップ下はベルスキに変更。
で、連携のいいメッシとアグエロを2トップに変更。
テベスとカニーヒアは控えに回してみました。キラなのにもったいないけど、しょうがない。

前回テベスとアグエロの連携を調べるの忘れてたので、今回調べてみましたが30試合ほど消化しても連携がまったくついていませんでした。細線もなし。
今期はマンチェスター・シティで一緒だからつきやすいのかと思っていたんだけど、だめでした。なぜですか。。
控えにして気づいたのはテベスもスーパーサブ持ちでした。

ベルスキをスタメンにして正解でした。
ボールを持ち過ぎないし、ドリブルもステップが細かくてパスをうまい。
もう少しスタミナがあれば文句なし。
まだ個人能力が星3つなので、さらなる成長に期待!

試しにプレシーズンマッチに出場してみたけど、
対人戦で2回戦敗退。。
はやく対人戦で勝てるようにならんかな。。

バレンシアチーム

逆にバレンシアチームの方は順調なんですよねぇ。
チームスタイルはキープレイヤー重視と組織守備重視、フォア・ザ・チームです。
こっちのチームスタイルはこれで安定してるようなので、このまま固定でいきます。

キングスクラブカップに出てみました。
1試合目は対人戦でPKまでもつれてしまいましたが、セサル・サンチェスが神がかり、3連続セーブで快勝。
決勝戦も対人戦でクライフとメッシとクリロナが3トップのチームと対戦しました。
クライフが反則的な動きを見せていて、前半はなんとか1失点に抑えれたので助かりました。後半からスーパーサブで出場したアジャラがクライフを完全にシャットダウンしてくれました。
相手チームが成長しきっていなかったので、なんとか勝てた感が否めませんでしたが、とりあえず優勝できました。

現バージョンのクライフの動きハンパないですね。。どうやって止めたらいいのでしょう、、、、
まぁ時代毎にいい選手はいるし、比べることはできないけど、なんかバランスが悪すぎる気がしてならないんだが。。。
自分も好きな選手だし偉大なのはわかるんですが過大評価過ぎる気が、、、
74年は西ドイツがワールドカップ優勝して、UEFAチャンピオンズリーグではバイエルン・ミュンヘンが優勝したのにバロンドールはクライフだったし。。。(ベッケンバウアーは2位でした)
まあそれくらいすごいってことなんでしょうけどね。。

74年のワールドカップ決勝の時のようにベッケンバウアーだったらクライフを止めることが出来るのでしょうかねぇ。
(実際にマンマークしてたのはベルティ・フォクツですが、、)

ベッケンバウアー持ってないんでなんとも言えませんが、、、いつか試したいですね。

排出順

では最後に今回の排出順です。

  • 01 マリオ・ガスパール/ビジャレアルCF(357)
  • 02 ジャンルイジ・ブッフォン/ユベントス(209)
  • 03 ラサナ・ディアラ/レアル・マドリーCF(312)
  • 04 アンドレア・ピルロ/ユベントス(219)
  • 05 アレクサンドル・ケルジャコフ/FCゼニト・サンクトペテルブルク(287)
  • 06 マイケル・キャリック/マンチェスター・ユナイテッドFC(055)
  • 07 ティノ・コスタ/バレンシアCF(348)
  • 08 トモアキ・マキノ/浦和レッズ(JT08)
  • 09 バジリス・トロシディス/オリンピアコスFC(136)
  • 10 ダニエウ・アウベス/FCバルセロナ(292)
  • 11 イバン・ラキティッチ/セビージャCF(331)
  • 12 アリエン・ロッベン/FCバイエルン・ミュンヘン(122)
  • 13 ジャメル・アブドゥン/オリンピアコスFC(137)
  • 14 ナイジェル・デ・ヨング/マンチェスター・シティFC(040)
  • 15 ビクトル・ファイズリン/FCゼニト・サンクトペテルブルク(282)
  • 16 ルシオ/FCインテル・ミラノ(194)
  • 17 マイコン/FCポルト(258)
  • 18 シドネイ・サム/バイヤー04レバークーゼン(093)
  • 19 アンドレイ・アルシャビン/FCゼニト・サンクトペテルブルク(279)
  • 20 ガブリエル・トルジェ(256)
  • 21 ゴンサロ・カストロ/バイヤー04レバークーゼン(082)

キラはなし!ではまた次回!